どんな形でも、どんな場所でもいいんですよ、挙式や披露宴!

一休み!

ジュンブライドの始まり

グッドモーニング、お忙しいですか?沖縄の大雨凄いですね、皆さん気を付けて下さいね!

さて近年は結婚披露宴もコロナで少なくなりましたが、演奏と司会を主たる仕事にしていた頃6月は仏滅でも忙しかったですよ。

先日バイデンさんがディナーを総理となさった八芳園さんもよくお邪魔しましたし、箱根宮ノ下富士屋ホテルや日光金谷ホテルまでも足を伸ばしました。

「非日常的な空間」なんて言葉が常に飛び交っていますが、意地悪に思うに、そんなに日常が嫌なのかなと思ったりもします。

日常って楽しいですよね。デスクの仕事も家事も楽しい。タダ面倒な事も日常にはありますね、請求書を送るとか申告書を出すとかお皿を洗うとか洗濯物を取り込むとかね。そういうものを一切取り払うと非日常的空間となりますね。対価としてお金はかかりますが!

結婚式、花嫁さんにとってはスターになる非日常的な時間、輝く時間、早く沢山の友達に包まれての披露宴が出来る様祈るばかりです。

数多くの経験からweddinng に役立つサイトを展開しています。仲人を主賓を・・・頼まれちゃった、そんな時ご覧頂ければ幸いです!

 此方からご覧いただけます!この写真は銀座第一ホテル木挽きの間、ご披露宴の司会をさせて頂きました。


 このサイトを見て、作務衣と甚平の違いが判りました。作務衣はお坊さんが着ているのをよく見ますね、甚平は夏祭りでよく見かけます。現代はファッションとしての作務衣を着るお洒落な方も増えています。お料理する時、エプロンですか、それとも割烹着ですか、それぞれの利点や好みもありますが、元々は作業着の作務衣とジーンズ、この二つもそれぞれ・・・私は両方、気分によって着ようと思います。作務衣は着物ではありませんので動きやすいしハイクラスなオシャレですね!このサイトご覧ください、伝統を味わえます!

-一休み!

© 2022 吉野クリエイト公式サイト Powered by AFFINGER5