一休み!

我が出生地、軍艦島

おはようございます、私は長崎県の海に浮かぶ小さな島、人は軍艦島と呼ぶ端島(はしま)、炭鉱の島で生まれました!

もちろん私は覚えていませんが産婆さん<笑>

軍艦島は一時は世界でもトップレベルの人口密度があり島内には学校もありました。

大型船の接岸できる桟橋はなく沖で小船に乗り換え上陸する島でした(今は観光船が付けられる桟橋があるようです)。

嵐の日には小魚や切れたワカメなどが波と共に打ち上げられますので押し寄せる波の合間を見て島民は取りに行きタイミング悪く波にさらわれた人もいました。

お腹の底まで響くサイレン、空襲警報として使われていたサイレンを利用し炭鉱での事故、島での事故を知らせます。

一瞬にして島民は凍り付きました。特に炭鉱に事故の時は必ず死者が出ますので当たり前ですが。

そんな島も閉島になってから長い月日が流れ十数回建てのマンション等も朽ち果て陸にあったら悪の温床になっていたかも知れません。

現在観光客が少し来る程度ですが、海は綺麗だし自然を活かしたレジャーランドにならないかなと!

島の面積の7倍程度穴が掘られているようなので地上にある朽ち果てた建物のコンクリでその穴を埋めたりして。

大富豪さん!面白そうだと思ったらやりませんか<笑>


 カッコいいから好きなんです作務衣!このサイトを見て、作務衣と甚平の違いが判りました。作務衣はお坊さんが着ているのをよく見ますね、甚平は夏祭りでよく見かけます。現代はファッションとしての作務衣を着るお洒落な方も増えています。お料理する時、エプロンですか、それとも割烹着ですか、それぞれの利点や好みもありますが、元々は作業着の作務衣とジーンズ、この二つもそれぞれ・・・私は両方、気分によって着ようと思います。作務衣は着物ではありませんので動きやすいしハイクラスなオシャレですね!このサイトご覧ください、伝統を味わえます!


 犬も猫も可愛いし好きですが、無責任な人が野良にしちゃう、野良は困りますよね、元のお家に帰りなさい!

-一休み!

© 2022 吉野クリエイト公式サイト Powered by AFFINGER5