モナリザ・吉野美術館

当館のトップスターはモナリザです! 美大、大使館等への無料貸出可

写真は東京芸術大学にお預かり頂いているモナリザです、ダビンチが描いたモナリザではありませんが19世紀中ごろ相当の画家が描いたもの、祖父が1935年頃日本代表でパリを訪れた際、購入し父に渡り私の元に、祖父のモナリザへの執着は物凄く肌身離さず自宅に保管していたこともあり化粧直しが必要になり修復の第一人者である木島教授にお願いした次第です。正直手放したくはありませんが保管に自信が持てませんのでいまだ芸大に保管して頂いている状況です。どなたか絵画に興味の有られる方おられましたらお譲り致しますのでご連絡下さい。(最低価格 税抜5億5千万円お支払い方法はご相談ください)

「油彩 モナリザ」
東京藝術大学美術研究科文化財保存学木島隆康教授の保存修復油絵研究室にて修復、現在保管中。
77×53㎝ 吉野正孝1935年パリにて入手。

「木島教授の見解」 ダ・ヴインチのモナリザは1503~1519年頃描かれましたが、この「油彩モナリザ」はキャンパスを調査した結果、19世紀(西暦1801~1900年)中頃に描かれたものと思われます。作者については不明ですが相当な画家が描いたもので素晴らしい作品です。

大富豪が最後に求めるステイタスは芸術、何百億円などで絵を購入したりします、凄いの一言です!この作品もそれなりの価格をお願いいたしたいと思いますが価格より芸術を愛する心をお持ちの方にご購入いただき、会長室や社長室に飾り、許される時間に、園児、学生、美大生などに閲覧などお許し頂ければ絵も絵の作者も、もちろん私も嬉しい限りです。

切手コーナー これも祖父のコレクションです、海外の物です。

切手収集を趣味にしている方も沢山おられますね、こんな切手面白いでしょ、珍しいでしょ!

無料貸し出しコーナー・・・ただし展示品として! 

友人の父上がタイ王国駐在員のころ現地個人木材加工業者から1972年頃高額で譲り受けたテーブル。生活用品と言うより芸術品(サイズ700×1300mm)、責任をお持ちいただける芸術系の大学、美術館などへの展示として無料貸し出し(期間等話し合い、長期可)を行います。ご希望の方、団体はご連絡下さい。写真等お送りします。ため息の出るような作品です。#友人の父上が娘に残したものですので販売は致しません。

ポスターコーナー オーナーさんのセンス・・・大切です!

お知らせ! ポスターはすべて完売となりました。

店主さんへ・・・
自分のお店を持った時、センスを問われ雰囲気を決定するのはやはり「絵」でした。有名人のサインを飾る人、陶器を飾る人などそれぞれですが、私のお店は友人たちから頂いた「裸のマハ」が開店から閉店までの22年間店を守り続けてくれました。
さて上のポスターは静かな味のあるバーなどにピッタリだとお感じになりませんか?
静かな大人のバーなどに向いていますね!お好きな額を探しお飾り下さい。
かなり古いもので美術家の祖父のコレクションです。
サイズ等詳細、ご希望価格等下記より気楽にご連絡下さい。
他にも沢山あります、
お店のお写真などお送り頂けましたら「これがいいのでは」とご提案も申し上げます。

広告サイトご紹介について・・・面白い、綺麗、信頼できる、など目についたサイトを掲載させて頂いております、クリックしてご覧頂いても費用など一切発生いたしませんので是非ご覧ください。各公式サイトのご案内ですのでご購入もこちらから安心して出来ますのでよろしくお願いいたします。


 これモナ・リザが見たら「凄いわね、お洒落ね」と言うかもよ!


 これ数点ストックしておけば急なお客様でも恥かかずに!なかなかの充実、覗いてみてください!


 このページで一番お勧めするサイト、何故なら私自身が高血圧だから・・・減塩しないとね!色々あって面白いよ!


 一流品はやはり違いますね、お洒落で当時こんなものがあったらモナ・リザも欲しがったでしょう!

モナ・リザの複製画に4億円の値が付いた、芸術家として喜んでいます。誰が描いた誰が演奏したなんて関係ないのが芸術の世界、歴史の世界でもありませんし投資の世界でもありません。接点があった人が最高だと思えばその人にとって最高の芸術です‥よね!当方のモナ・リザも嫁入り出来るかもしれません、真の芸術理解者に!

お問合せ・ご購入は  yoshinocreate@gmail.com までお願いいたします。

モナリザのご相談等もこちらへご連絡下さい!


 私の一家は芸術家一家で作り出す事が大好きです。だからクラフトビール作っている人とは仲良しになれそうです。大メーカーのビールも大好きですが小規模で職人のようなビール製造者が作るクラフトビールにも興味津々です。北から順に取り寄せようかな、南から?焼酎は南から取り寄せながら飲んでるからビールは北からにしようかな!なんて楽しく悩んでおります!


 祖父がヨーロッパに行った時は船と鉄道、国から派遣されていきましたので行けましたが個人では莫大な費用が掛かりますので行けなかったでしょう。ベルギーで仕事を済ませフランスに渡りエジプトなど経由しながら帰国したようです。モナリザを連れて。日本での戦火などで傷んだモナリザを祖父の他界後、祖父の母校でもある東京芸術大学で修復してもらい、大切にして下さる方にお求め頂きたく活動しております。祖父は私にも世界を見るように言っておりました。出不精な私は言いつけを聞いておりませんが船が大好きですので近場ですが太平洋を通り東南アジアまでの客船の仕事をお受けし、太平洋のスケールを知る事が出来ました。このサイトのご案内は船旅は楽しいと言うだけではなく陸上と違うスケールを味合わせてくれる素晴らしさをお伝えしたかったからです。もしご乗船なさいましたら世界の美術館にもお立ち寄りくださいね!


 横浜チェジュ間の船内司会をさせて頂いた時、お風呂の脱衣所に最新鋭のマッサージチェアが置いてありましたので試しました、凄く気持ちよかった!でも機械は機械なんですね!ここはそうだろう、ちょっと見てみませんか!


 デザインも当然美術、キッチンもおしゃれに決めたいですね、素晴らしいもの沢山ありますので時間のある時にご覧ください。



 一日が終了し、サラッとしてお布団に横になる、最高の喜びですね!

© 2021 吉野クリエイト公式サイト Powered by AFFINGER5